購入した振袖の思い出

私も御多分に洩れず、成人式用の振袖を購入しました。今はレンタルが多いのですが、私が20歳のころは買う人が多かったのです。今思えば、レンタルで充分だったかと感じます。振袖を使用したのは成人式と結婚式2回のみ。袖が長いため、もう使用できません。袖の仕立て直しをしても、着物を着る機会がないため、そのままタンスに入っています。

しかし購入した時は大変嬉しいものでした。初めての自分の着物です。その頃習っていたお茶の先生に着物店を紹介したもらい、販売会に行って振袖を決めました。私が選んだのは淡いピンク地に大柄のボタンのような白い花が描かれた振袖です。ピンクが好きであったため、どうしてもその色に惹かれました。袖の下の方が黒の柄になっており、その部分が全体をキリッと引き締めている感じでした。

どちらかと言えばオーソドックスな洋風の雰囲気で、古典的な柄ではありません。かなり迷って決めたのですが、着物の場合は洋服以上に迷うものです。形は同じでも、その柄は本当に多彩です。どれも美しく、目移りしてしまうのです。
その振袖を選んだ理由は、ピンクが好きだった他に、自分に合うだろうと感じたからです。

着物こそ、その人に合うものを選ぶのが最適だろうと感じます。成人式で友人たちの姿を見たら、やはりその人に合ったモノをちゃんと選んでいたので感心しました。
最近は着物の買い取りも盛んに行われていますが、思い出深い振袖ですから、まだ手放せないでいます。