一生の思い出

今と同じで私の若い頃も、成人式にはみな振袖を当たり前のように着ていました。実家から離れている友達も、振袖を仕立ててもらって美容院を予約して、とずいぶん早くから準備に余念がなかったようです。

当たり前というのに抵抗があった、当時ちょっとひねくれていた私は、振袖は着ないと決めていました。どうせ一度しか着ないだろうし、そんな華やかな衣装が気恥ずかしくて、成人式は黒のスーツを買い、自分で髪を編みこんで参加しました。

ところが、成人式から数年たったときに友達の結婚式に出席することになり、どうせだから振袖で行けばと言われたのです。確かなことは忘れたのですが、たぶん母からの提案だったように思います。

なぜかその時は全く抵抗なく、貸し衣装屋さんに行って振袖を見立てることにしました。母にも付き合ってもらって、一日がかりでした。

振袖なんて子どもの時以来です。どんなものが似合うのか分からず、係の女性がいろいろと提案してくれる着物もなかなか気に入りません。あれこれ言っているうちに、だめでもともとで、こちらを着てみてくださいといわれたのが、ピンクの地に裾にかけて黒をあしらったものでした。

黒はイヤ、といったもののとりあえず着させてもらうと、なんととても見栄えがするのです。洋服の感覚しかなかったので、やはりプロの目は違うと感心してしまいました。

いつも親戚に見立ててもらったのは赤が多かったので、やわらかいピンクもとても新鮮でした。すぐにそれを予約し、当日は美容院で着付けてもらったあと記念撮影までしました。
あれが生涯一度きりの振袖になりました。今思うと両親に振り袖姿を見せられたのはいいことだったな、とその機会に感謝しています。